day by day

2021年01月06日

Rotton Bespok Pac SP『終わりのないときめき』

R0023289.JPG
遡ること、約22年前。
1990年代後半は未曾有の第2次バスフィッシングブーム。
バブル崩壊後の低迷で暗い世相が社会を覆う中でしたが、
様々なルアーが登場しブームもピークに達しようとしていた素晴らしい時代でした。
たくさんの釣り雑誌も創刊されていましたが毎月欠かさず購入していた1つである『ROD&REEL』
兄の私が買い、弟はそれを借りて読むとういう構図が出来ていました。(笑)
当時のものはボロボロですがまだ所有しています。
様々なルアーが取り上げられる中『メガヒットの時代』を実現した2つのルアーがあります。
その2つのルアーに読者全員がおそらく夢中になったはずです。
未だ新作が生まれ続ける不朽の名作を取り上げてみました。

39261D97-AD31-4887-B6A8-D0B6B59587E8.JPG
quiet funk『swear deca fee 2020』

依頼したのは、
哲学が宿るもの。
その製作方法は、quiet funk HPで公開されています。
コチラをご一読ください。
すべての製作工程を手作業で行うプラスチック製ルアー。
長いquiet funkの歴史の中でも初めてのことです。
お会いした時に『もう2度とやらない。』と仰ってました(笑)
その佇まいはまさしく哲学が宿るルアーです。

カラー名は、『Diamond is not Crash』
フィーモデルを愛する皆様へ。

R0023290.JPG
そして、もう一つの雄はみなさんご存知の『あらいくん』
現在はプラスチックモデルは製作出来ない状況にあり実現することができないのですが、
ウッドモデルに透明のリップをズイール島田さんの許可を得てロットンで製作し装着しての製作へ。
当時の雰囲気を現代に蘇らせるプロダクトになりました。

R0023281.JPG
ジャーン!!!!!!
正月に相応しいオリジナルレッドヘッド!
ズイールを取り扱いを始めるときに島田さんにお訊きしたことがあります。
幾度の倒産を経てもなぜズイールを継続しているのか???
『ズイールを無くさないでというユーザーの声があるからです。』と答えてくれました。
めちゃめちゃステキやん!

ロットン旗揚げ当初から考えればこの2つのルアーの実現は夢物語。
まさしく『終わりのないときめき』なのです。
ロットン続けててよかったー!

200% recommend!!!!!

IMG_7752.JPG
本当は90年代を代表するタックルボックスである『アマゾンボックス』に入れてお届けしたかったのですが、
現在は不可能であります。

IMG_7081.JPG
そこでわたしがその時代に一番好きだったデザインをTsunami Lures 『Plugger’s Carrying Box』で復元。
第2弾のカラーリングを見た時にこれはやるしかない!と決めておりました!
当時の熱狂が蘇ります!
このロットンスペシャルモデルに入れてのお届けとなります!
あと、幻のロットンキーホルダー又はロットンステッカーがいずれかランダムに同封されますのでお楽しみに!

Rotton Bespok Pac SP『終わりのないときめき』
price : 22,000yen(tax in)

このあと登場します!
1月7日(木) 午後8時〜  on sale in the 『MARKET』




posted by ロットン at 22:09| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする