day by day: 津波ルアーズ新作まもなく登場。

2018年02月27日

津波ルアーズ新作まもなく登場。

TsunamiWhippyJL.jpg
3月初旬にリリース予定!
ご予約受付中!
津波ルアーズ『Whippy JL』
本体全長 約105 mm
1.5 oz over class
価格 14,040円(税込)

with Movable Eddy Prop
& Pick Fin (option)

アユース製
ウレタンフィニッシュ

Color
Black Bass [BB]
Peacock Bass [PB]
Sleepy Rogue [SR]
Tobacco Sunburst [TSB]
Blue Gill [BG]
Skull [SKL] Glow

ルアー解説:
“Jerk, Dive & Swim”
 以前リリースしたWhippy Jにご覧のように大きな金属のリップが付いて、
さらにリアにはちょっと変わったシステムのプロップが付いた(ピックフィンも付属します)Whippy JL。
そもそもインパクト大のこのプラグのリトリーブは、
このリップのおかげでアピール抜群の引き波を繰り出す。
可動式シャフトのプロップは回り出しが良く、
回り出しとポーズの瞬間には水中でも回転してアピールする。
ちなみにこの可動式プロップを付属のピックフィンに付け替えていただくと、
リトリーブはさらにプリプリとしたものになる。
 また、特筆すべきはそのショートジャークの小気味良さ。
プロップヴァージョンで使用した場合は、
リトリーブはもちろんのことこのショートジャークでのアピールが増すことになる。
実はこれを作った理由の一つがそこに。
「Beyond The Vamonos」を見た人ならお分かりかと思うのだけれど
、Slapphappy Shad Jのショートジャークがメキシコで異様な効力を発揮した。
そこで向こうのバスの最も大きなターゲットである、
テラピアくらいの大きさのジョイントプラグならどうなるだろうと考えた結果がこれ。
それはつまりは国内では当然ブルーギルが対象。
メキシコでのテストはこれからなのだけれど、
案の定、琵琶湖では時にこれが効いた。
もちろんただ引きは言わずもがな琵琶湖でも効力を発揮する。
近頃琵琶湖で流行りのブルーギルパターンなんかにはおそらくうってつけではないかと思っています。

関西の水瓶といわれた琵琶湖でも結果が出ている新作プラグ。
ぜひお試しください!

『MARKET』にてご予約受付中!

posted by ロットン at 22:36| 大阪 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする